なぜモテたいのか…」、「モテたい男の心理とは…

モテたいという男の心理は、実に単純で、女性と交わることで性的欲求、征服欲、自尊心、冒険心を満たそうとするもの。

 

男性のモテたい欲やモテたい願望を理解することは、モテる男の考え方を知るのに役立ちます。

一方で、欲望をむき出しにした「モテたいだけの男」は、魅力的な女性と中長期的に親密な関係構築をはかるのは難しいでしょう。

 

今回は、「なぜモテたいのか」を端緒として、モテたいという男の心理や欲、モテる男の考え方や、モテたいだけの男とモテる男の決定的な違いについて解説するので、参考にしてみてください。

 

モテたい男の心理・欲とは?なぜモテたいのか徹底解剖!

 

モテたい男の心理やモテたい欲・願望、男がなぜモテたいのかお話ししていきます。

最近では、草食男子が増えていますが、誰しも、男性なら“モテたい”と強く思う肉食的部分があるのが自然でしょう。

 

モテたいという男の心理・欲(モテたい願望)は、大きく分けると以下の6つ。

 

《モテたい男の心理・モテたい欲や願望》

  • 性的欲求(種の拡散)
  • 性的快楽
  • 征服欲・支配欲・独占欲を満たす
  • 自尊心・プライドの保持
  • ステータスの向上
  • 未知への好奇心・冒険心を駆り立てる

 

男性は、生物学的に遺伝子レベルで、“より多くの魅力的な女性に自分の種を撒きたい”とする強力な本能が刻まれており、女性は性的な快楽を満足させる性の対象であることは、疑いようもありません。

さらには、よく「女性を捕まえる」と表現されますが、男性には狩猟や闘争本能があり、他の男性に先んじて狙った女性を獲得しようとする本能が働き、女性に対して征服欲・支配欲・独占欲を満たそうとします。

 

これは、女性は一度妊娠してしまうと、妊娠期間中は受精することができないため、他の男性に女性を奪われてしまうと、自分が確実にその女性をものにするためですね。

加えて、モテたい男性の心理やモテたい欲・モテたい願望として、魅力的な女性を獲得することは、自尊心やプライドを満たし、ステータスを向上させるのです。

 

そして、女性は、生物的に見ても男性と全く異なる存在であり、女性は男性にとって未知の部分が多くある存在。

ですから、男性がなぜモテたいのかと言えば、より多くの異性と交わることで、男性が本来持つ未知への好奇心や冒険心を駆り立てられるからなのです。

 

  必読恋愛コラム↓  

 

女性の恋愛感情をグラッと揺さぶり、ココロもカラダも許させる不変の会話術とは?

 

ぶっとばす。

 

「好きな女性と何を話せばいいのかわからない」

 

「口下手だから女性を落とすなんて無理」

 

っていう、あなたの思い込みを。

 

 

狙った女性を落とすのに番効果的かつ、半永久的に使える本質的スキルこそ「会話」を極めること。

 

それも、『女性に好かれる』会話!!なんですよね。

 

「好かれる」といっても、媚を売るような安っぽくて陳腐な会話のことではないですよ。

 

 

ここでいう「女性に好かれる会話」とは、

 

好感度を正しく見抜いて、会話する

 

という本質的なアプローチのこと。

 

 

要は、女性の『好感度』『脈あり度合い』を見極めて会話すればいいんです。

 

 

世の中によくある「一撃で落とす魔法のフレーズ」のような恋愛ノウハウも

 

「試したけど効果があった!」

 

「試してみたけど効果がなかった・・・」

 

の真っ二つに分かれるのは、この『好感度』という概念と仕組みをどれだけ理解しているかにつきます。

 

 

そもそも、女性の『好感度』には

 

●段階1、嫌いな人

 

●段階2、知り合い

 

●段階3、友達

 

●段階4、彼氏候補

 

●段階5、彼氏

 

という5つの段階が存在するのは、わかりますよね。

 

 

たとえば

 

好感度が「3、友達」なのに、

 

好感度が「2、知り合い」の会話しかしてない。

 

そうなれば、女性の反応はガクッと下がりますね。

 

 

もしくは

 

好感度が「4、彼氏候補」なのに、

 

好感度が「3、友達」の会話しかしていない。

 

こちらも同様に好感度は下がりますよね。

 

あなたも心当たりはありませんか?

 

 

こうした「好感度に適した会話をしてない」と、女性に好かれるどころか、拒絶をくらう引き金になりかねません。

 

 

だから、『好感度』を正しく見抜いて会話することが、すごくすごく重要なんですね。

 

 

言い換えれば、

 

その女性がどんな答えを望んでいるかを見抜いて答える

 

コトこそが、女性の恋愛感情をグラッと揺さぶり、ココロもカラダを許させ、あなたの傍から離れられなくする会話術の極意なんですよね。

 

 

このことが分かっていれば、たとえば

 

“デートに誘う時は、男らしく「デート行こうぜ」と誘う”

 

といったノウハウは、『好感度』が友達以下の女性には当てはまらないことぐらい、直ぐに予想できるはず。

 

 

「女性に好かれる会話」を因数分解すると、たった2つだけ!ってことが見えてきます↓

 

●一、女性の好感度が見える「反応を引き出すワード」

 

●二、引き出した反応を見て「切り返すワード」

 

そして、これら2つのポイントを整理し、体系的なノウハウとして教えてくれるのが『テンプレ会話術』です。

 

 

私も『テンプレ会話術』を体に染み込ませる(ココ重要!)ことで、

 

一時いだいていた「結局、女性と何を話せばいいんだ…」というモヤモヤした悩みから、霧が晴れたように解放されましたね。

 

 

ちなみにこの会話教材、恋愛教材ランキングで堂々のNo.1なので、ぶっちぎりで信頼できますよ↓

 

 

『テンプレ会話術』では、会話の極意がテキスト(PDF511ページ分)のなかで体系立てて語られています。

 

しかも、3名の女性との実録音声が、とにかくすごい。

 

初対面の会話から、実際に落とすまで一連の流れが生々しいほどに暴かれていて、めちゃめちゃ勉強になりますよ。

 

 

著者いわく、何度も読み返し、何度も聞き直すことで、わずか30日間で理想の彼女をつくることも夢ではないとのこと。

 

 

ちなみに、オススメの勉強法は、通勤・通学時間を活用することですね。

 

この貴重なスキマ時間を自己投資に使いましょう。

 

 

そうして、モテる会話の本質的な考え方とテクニカルな要素を、1つ1つ暗記するまで、ガリガリ叩き込むんです。

 

→【※女性にココロもカラダを許させる会話術の超推奨教材】『テンプレ会話術~女性に好かれる会話のテンプレート~』を今すぐ確認する!

 

 

この会話教材の著者、上杉りゅう氏のセミナーにじつは私、足を運んだことがあります。

 

 

ぶっちゃけ、そこで見た上杉氏はイケメンどころかブサイク寄りでした。笑

 

それなのに、20代前後のピチピチの女の子から、キャバ嬢やモデル経験者などのハイレベル女性をことごとく落とす、まぎれもない恋愛のプロです。

 

 

上杉氏が恋愛のことを語り出すと、とにかく深いんですよ。

 

さらにいうと、東大生を育成する塾の講師を長年勤めていたようで、教えるのがめちゃくちゃ上手い。

 

そんな上杉氏が口を酸っぱくして言うのが、恋愛で結果出せてない人は自己流はぜーーんぶ捨てろ!ってコト。

 

 

とくに、ブサイク・デブ・ハゲ・低身長・童貞・口下手といったマイナス要素が強い男性は。

 

誤解をおそれずに言えば、もし自己流で恋愛が上手くいってるなら、そもそもこの記事にたどり着くこともないはずですし…。

 

 

女性っていう生き物は、他の男と比較してあなたはイケてるか?と、常に天秤にかけてきます。

 

そんな女性に、「あなたが他の男よりも魅力的だ」と思わせる一番の近道こそが、正しい『会話術』なんですよね。

 

 

ですから、あなたは一日も早く、信頼度No.1で本質をついた会話教材で、効率よく学ぶことをはじめてみてください。

 

 

気になる教材費は、下の公式サイトから購入すれば風俗1回分くらい。

 

ちとアソコはおあずけにして、、まじめに勉強してみませんか?

 

→【※女性にココロもカラダを許させる会話術の超推奨教材】『テンプレ会話術~女性に好かれる会話のテンプレート~』を今すぐ確認する!

モテたいという男の心理を理解し、モテる男の考え方に近づけ!

モテたいという男の心理を理解することは、自分がなぜ男として生まれてきたのか、自分が何を目指そうとしているのかを知り、モテる男の考え方に近づくために重要。

“モテたい欲”、“モテたい願望”を受け容れることで、自己肯定感や男としての自信を生みます。

 

モテない男性の多くは、自分が本来持っているモテたい欲やモテたい願望を自己否定しているパターン。

しかし、男がモテたいと思うことは、男として実に健全なのです。

 

逆に、モテたいという欲望に蓋をし、様々な女性と交わる喜びや楽しみを実体験として経験しないまま、たまたま知り合った一人の女性と結婚してしまい、結婚後に自分の本来持つモテたい願望に目覚めてしまい、浮気や不倫に走るケースが多いのです。

また、少数の女性経験しかないと、女性経験が少ない中で最適な結婚相手を選ぶことになるため、理想の女性とゴールインできる確率が下がってしまうのは間違いないでしょう。

 

真のモテる男というのは、多くの女性との出会いを創造することができ、ほぼどんな女性とも即親密化、即交際化できる状態に至っています。

ですから、モテたいという欲求が完全に満たされて“モテきった”からこそ、自分にとっての最高のパートナーを選びとることができ、その一人の女性を愛し続けることが可能なのです。

「モテたいだけの男」と「モテる男」の決定的な違いとは?

「モテたいだけの男」は、圧倒的にモテる男になりえません。

モテたいだけの男は、自分のモテたい欲に忠実であることは決して悪いことではありませんが、女性を自分のモテたい欲・モテたい願望を満たすためのツールとして見れないことに問題があります。

 

こうした自分本位な考え方は、魅力的な女性ほど見透かしてしまうため、モテきることはできません。

モテたいだけの男とモテる男の違いを簡単に言えば次の通り。

 

  • モテたいだけの男:本能を満たすことにしか、女性に価値を見出せない(非モテ思考)
  • モテる男:本能を理性で昇華し、女性に喜びを与えることに価値を見出す(モテ思考)

 

モテたいだけの男は、女性を欲を満たすための道具としてしか価値を見出せません。

モテたいだけの男性は、男性経験が少ない女性を中心に短期的に女性にモテる傾向がありますが、男性を見る目に長けている魅力的な女性を含めて中長期的に女性にモテにくい言えます

 

一方、本当にモテる男は、モテたい欲・願望を女性を喜ばせたり楽しませる価値基準に昇華させるため、どんな女性からも好意を寄せられて、強烈に惚れられる存在となるのです。

ですから、モテる男になるには、自分のモテたい欲・モテたい願望(WANT) を、対峙した女性にGIVEする思考回路に変換することが必要なんですね。

 

  最短最速でモテたい男に贈るコラム↓  

【まるで媚薬!?】出会って0.2秒で女性をドキドキさせる禁断の●●とは?

 

 

突然ですが、あなたは

 

女性は男性よりも【嗅覚】が43%も優れている

 

という事実をご存知ですか??

 

※ロバート・レント教授(リオデジャネイロ連邦大学生物医科学研究所)らの研究による。彼らの研究グループは、18名男女の死後の脳を解剖した結果、匂いの情報処理をになう脳の領域「嗅球」の細胞数は、女性の方が43%も多いことを明らかにした。

 

 

しかも女性というのは、男性の発する『匂い』を嗅ぐことで、生存能力に長けた強いオスを探す生き物。

 

要は、女性は嗅覚というレーダーで、強いオスの匂いを敏感にかぎ分けているワケ。

 

 

もう1つ、絶対に知っておかなればならない事実があります。

 

その事実とは、強いオスは、匂いシグナル『オスフェロモン』でメスを強力に惹きつけているということ。

 

 

そもそも、匂いというのは、わずか0.2秒で脳をダイレクトに刺激します。

 

 

そして実際に、女性が男に惹かれる超重要ポイントが『匂い』なんですよね↓

 

 

だから!

 

●ターゲットの女性に、あなたのオスフェロモンをクンクン嗅がせる

 

↓↓↓

 

●自然とあなたに惹かれて、恋愛感情に発展しやすくなる

 

という訳なんですね。

 

 

なので、出会ってすぐに女性の本能をグイッとわし掴みにするには、

 

【モテる男の匂い = いい匂い × オスフェロモン】

 

を身にまとうべき。

 

 

そう、狙った女性を出会った瞬間に『いい男♡』と感じさせるには、モテる男の匂いが鍵となるんです。

 

 

では一体どうすれば、モテる男の匂いを発せられるのか・・・?

 

じつは、93%の女性が「いい匂い!」と感動し、さらにはオスフェロモンまでガツンと増幅してくれる凄いアイテムがあるんですよね。

 

そのアイテムを使えば、初対面の女性に好印象を与えること間違いなし。

 

しかも自分の匂いに自信がつくと、堂々と女性にアプローチできる嬉しいメリットも付いてきます!

 

 

いうなれば、恋愛を加速(ブースト)するギアを、1段階も2段階も引き上げてくれるイメージ。

 

そしてその、モテる男の匂いを発する強力なアイテムというのが、『男のブースター香水』です↓

 

 

これは、いわゆる「フェロモン香水」のなかの1つ。

 

中でも『男のブースター香水』は、オスフェロモンについて20年間!も研究した集大成のもの。

 

しかも美容の専門家100名中、なんと93名もの女性がいい匂い!と回答した香りなんですよ。

 

じっさい嗅いでみると、ムスク系のほんのり香る感じでイイ!!

 

 

これに加え、オスフェロモンを増幅する画期的な効果が期待できるわけですから、モテたい男性にぴったりな香水な訳ですよ。(いい匂い × オスフェロモン=モテる男の匂い)

 

 

男のブースター香水』は塗るタイプの練り香水

 

使い方はいたって簡単で、フタを開けて、手首の内側→首筋→耳の後ろ側の順番にチョチョッと塗るだけ。

 

 

このフェロモン香水の匂いのおかげで、女性にパッと好印象をもたせられるし、自信のある行動までとれるので、使う価値は十分にあると思いませんか?

 

→【※女性をドキドキさせるフェロモン香水】93%の女性をいい匂い!と感動させた『男のブースター香水』を今すぐチェック

 

 

なお、この香水は公式サイトから定期購入しないと、最大10500円も損するので注意してください。

 

ただ、1個あたりの値段は、だいたい婚活パーティー1回分ほどと、安くはないですね。

 

 

とはいえ、コレ1個をカバンに常備して毎日こまめに使えば、いの不安は一切なくなります。

 

しかも、いい匂いで好印象を与えられれば、理想の彼女をGETするのに一役買ってくれるはず!

 

 

私も車に1個、カバンに1個、自宅に1個の合計3個常備して、女性とデートする会う前にチャチャッと塗って出陣してますよ。

 

 

↑パッケージは洒落てるし、かさばらなくてイイ!

 

 

『男のブースター香水』はしれっと使ってる男性も増えてるようなので、あなたも公式サイトから一度確認してみてくださいね。

 

→【※女性をドキドキさせるフェロモン香水】93%の女性をいい匂い!と感動させた『男のブースター香水』を今すぐチェック

まとめ

 

“なぜモテたいのか”に関して、モテたい男性の心理とは、「性的欲求・性的快楽」、「征服欲・支配欲・独占欲」、「自尊心・プライド・ステータス」、「好奇心・冒険心」を満たしたいとするもの。

モテたい欲・モテたい願望を完全に満たしモテきることで、自分にとっての最高のパートナーを選びとり、一人の女性を愛し続けることが可能。

 

モテたいだけの男は、女性を自分のモテたい欲・願望を満たすためのツールとして見れない。

モテる男は、自身のモテたい欲・願望を女性を喜ばせたり楽しませる価値基準に昇華させるため、どんな女性からも惚れられる。

 

↓ モテる会話術の超推奨教材は
こちらをクリック!