彼女がいてもモテたい…!

付き合っている女性がいる男性も、別の女性からもモテたいと思うことは、一度や二度ではないでしょう。

 

現実問題として、彼女持ちはモテないのでしょうか?それともモテるのでしょうか?

結論を言ってしまえば、“彼女持ちはモテます”。

 

それでは、彼女がいてもモテたい男性が、彼女持ちでもモテる方法とはいかなるものなのでしょうか?

今回は、彼女持ちだとモテる理由とモテる方法について徹底的に解説するので、じっくり読んで参考にしてみてください。

 

彼女持ちはモテないのは嘘!彼女持ちだとモテる理由とは?

 

彼女がいてもモテたい男性にとって、彼女持ちはモテないのかどうかは気になるところでしょうが、先ほどもお話しした通り、彼女持ちの男性の方が、彼女がいない男性よりも確実にモテます。

これには、次の理由があげられます。

 

  • 彼女持ちの男性は、異性を人として接することができるため警戒心を与えにくい
  • 彼女持ちの男性は、既に女性がいる余裕から、余裕をもって女性と接することができる
  • 彼女持ちの男性は、恋愛経験値が高い傾向にあるため、女性と自然な接し方ができる

警戒心を与えにくい

彼女持ちの男性がモテないのではなく逆にモテる理由の1つ目は、彼女持ちであるという情報は、女性に警戒心を与えにくいから。

彼女がいない男性は、いかなる女性に対しても、異性として意識してしまいますから、その意識が自然と女性側に伝わってしまいます。

 

女性は、男性からがっつかれると本能的に引いてしまう傾向が高いため、“警戒心を与えて心を閉ざしてしまう=モテない”ことに繋がるのです。

一方、彼女がいる男性は、彼女以外の女性に対しては、基本的に人として振る舞おうとするので、女性に警戒心を与えませんから、男性の魅力が女性に伝わりやすくモテやすいんですね。

余裕がある

彼女持ちの男性がモテないのではなく逆にモテる理由の2つ目は、彼女持ちの男性は女性がいる余裕があるため。

女性は優秀な遺伝子を残すために、優秀なオスを選別する必要があります。

 

“余裕がある”ことは、男性的な強さの現れだと女性は感じ取るため、余裕がある男性に女性は好意を抱く傾向が高いのです。

彼女持ちの男性は、女性がいるという安心感から、異性に対して余裕を持って接することができるため、その余裕のある態度が、男性的な魅力として女性に映るためモテるのです。

恋愛経験値が高い

彼女持ちの男性がモテないのではなく逆にモテる理由の3つ目は、彼女持ちの男性は恋愛経験値が高いため。

恋愛においては、正しい知識や理論も大切ですが、その場その場で女性に適切な対応を行うには、経験からくる“アドリブ”がものをいいます。

 

恋愛理論を100時間机上で学んだだけの男性よりも、リアルに女性と100時間接した男性の方がモテるのは当然ですよね。

この点、彼女がいる男性は、普段から女性と接する時間も長く、恋愛経験値も高い傾向にあるので、彼女がいない男性よりも、女性にモテる接し方をとるのに長けている場合が多いのです。

彼女がいてもモテたい!彼女持ちでもモテる方法とは?

彼女がいてもモテたい男性に向けて、彼女持ちでもモテる方法をお話ししましょう。

大前提として、彼女持ちの男性の方は、既にいる彼女に悟られないように行動するようにしてください。笑

 

「二兎を追う者は一兎をも得ず」とあるように、モテたい欲に狩られて、複数の女性に手を出そうとして、結局は既にいる彼女からも見放されてしまうのは、元も子もありませんから。

彼女持ちの男性がモテる方法として、彼女がいることを告げても、自分を認めてくれる女性をターゲットにして、異性関係を持つべきでしょう。

 

女性に様々なタイプがあり、浮気・不倫を好む女性や、夜の情事が好きな女性もいますから、遊び目的で他の女性と関係を持ちたい彼女持ちの男性は、こういった女性をターゲットに攻めた方が最速で望む結果が得られます。

逆に、真面目な恋愛を望んでいる女性に、あとで彼女がいることが発覚してしまうと、女性に多大な不信感を与え、その女性を傷つけてしまいますし、恋愛のトラブルに見舞われる可能性もあるので要注意。

 

“彼女がいてもモテたい=多くの女性と遊びたい”と考えている男性は、そもそも特定の女性と付き合わない方が、複数の女性と関係が持ちやすいのでおすすめですよ。

彼女持ちの男性は、自分に合った女性との関わり方をしっかり考えた上で、行動してみてください。

 

  最短最速でモテたい男に贈るコラム↓  

【まるで媚薬!?】出会って0.2秒で女性をドキドキさせる禁断の●●とは?

 

 

突然ですが、あなたは

 

女性は男性よりも【嗅覚】が43%も優れている

 

という事実をご存知ですか??

 

※ロバート・レント教授(リオデジャネイロ連邦大学生物医科学研究所)らの研究による。彼らの研究グループは、18名男女の死後の脳を解剖した結果、匂いの情報処理をになう脳の領域「嗅球」の細胞数は、女性の方が43%も多いことを明らかにした。

 

 

しかも女性というのは、男性の発する『匂い』を嗅ぐことで、生存能力に長けた強いオスを探す生き物。

 

要は、女性は嗅覚というレーダーで、強いオスの匂いを敏感にかぎ分けているワケ。

 

 

もう1つ、絶対に知っておかなればならない事実があります。

 

その事実とは、強いオスは、匂いシグナル『オスフェロモン』でメスを強力に惹きつけているということ。

 

 

そもそも、匂いというのは、わずか0.2秒で脳をダイレクトに刺激します。

 

 

そして実際に、女性が男に惹かれる超重要ポイントが『匂い』なんですよね↓

 

 

だから!

 

●ターゲットの女性に、あなたのオスフェロモンをクンクン嗅がせる

 

↓↓↓

 

●自然とあなたに惹かれて、恋愛感情に発展しやすくなる

 

という訳なんですね。

 

 

なので、出会ってすぐに女性の本能をグイッとわし掴みにするには、

 

【モテる男の匂い = いい匂い × オスフェロモン】

 

を身にまとうべき。

 

 

そう、狙った女性を出会った瞬間に『いい男♡』と感じさせるには、モテる男の匂いが鍵となるんです。

 

 

では一体どうすれば、モテる男の匂いを発せられるのか・・・?

 

じつは、93%の女性が「いい匂い!」と感動し、さらにはオスフェロモンまでガツンと増幅してくれる凄いアイテムがあるんですよね。

 

そのアイテムを使えば、初対面の女性に好印象を与えること間違いなし。

 

しかも自分の匂いに自信がつくと、堂々と女性にアプローチできる嬉しいメリットも付いてきます!

 

 

いうなれば、恋愛を加速(ブースト)するギアを、1段階も2段階も引き上げてくれるイメージ。

 

そしてその、モテる男の匂いを発する強力なアイテムというのが、『男のブースター香水』です↓

 

 

これは、いわゆる「フェロモン香水」のなかの1つ。

 

中でも『男のブースター香水』は、オスフェロモンについて20年間!も研究した集大成のもの。

 

しかも美容の専門家100名中、なんと93名もの女性がいい匂い!と回答した香りなんですよ。

 

じっさい嗅いでみると、ムスク系のほんのり香る感じでイイ!!

 

 

これに加え、オスフェロモンを増幅する画期的な効果が期待できるわけですから、モテたい男性にぴったりな香水な訳ですよ。(いい匂い × オスフェロモン=モテる男の匂い)

 

 

男のブースター香水』は塗るタイプの練り香水

 

使い方はいたって簡単で、フタを開けて、手首の内側→首筋→耳の後ろ側の順番にチョチョッと塗るだけ。

 

 

このフェロモン香水の匂いのおかげで、女性にパッと好印象をもたせられるし、自信のある行動までとれるので、使う価値は十分にあると思いませんか?

 

→【※女性をドキドキさせるフェロモン香水】93%の女性をいい匂い!と感動させた『男のブースター香水』を今すぐチェック

 

 

なお、この香水は公式サイトから定期購入しないと、最大10500円も損するので注意してください。

 

ただ、1個あたりの値段は、だいたい婚活パーティー1回分ほどと、安くはないですね。

 

 

とはいえ、コレ1個をカバンに常備して毎日こまめに使えば、いの不安は一切なくなります。

 

しかも、いい匂いで好印象を与えられれば、理想の彼女をGETするのに一役買ってくれるはず!

 

 

私も車に1個、カバンに1個、自宅に1個の合計3個常備して、女性とデートする会う前にチャチャッと塗って出陣してますよ。

 

 

↑パッケージは洒落てるし、かさばらなくてイイ!

 

 

『男のブースター香水』はしれっと使ってる男性も増えてるようなので、あなたも公式サイトから一度確認してみてくださいね。

 

→【※女性をドキドキさせるフェロモン香水】93%の女性をいい匂い!と感動させた『男のブースター香水』を今すぐチェック

まとめ

 

彼女がいてもモテたい男性に向けて、彼女持ちではモテないのが嘘である理由と、彼女持ちでもモテる方法を解説。

彼女持ちの男性は、女性に警戒心を与えにくく、余裕があり、恋愛経験値が高い傾向にあるのでモテる。

 

彼女持ちでもモテる方法としては、女性を傷つけないために、既に彼女がいることを告げた上で、それでも認めてくれる女性をターゲットにして、異性関係を持つとよい。

 

↓ モテる会話術の超推奨教材は
こちらをクリック!