高嶺の花を落とすアプローチ!デート〜付き合うまでの極意3選

デート モテる技術 女性の落とし方

 

  • 高嶺の花にアプローチしても落とせない…
  • やっとのことで、高嶺の花とデートしても付き合うことができない….

現状、こうした悩みを抱えていませんか?

実は、高嶺の花をさらっていく男と、高嶺の花を指をくわえて見てる男の違いは明確に存在します。

 

そう、高嶺の花を口説き落とすモテる男は、高嶺の花をアプローチする際にある恋愛テクニックを駆使しているんですね。

今回は、高嶺の花を落とすアプローチ方法として、デートから付き合うフェーズに押し上げる3つの恋愛テクニックを徹底解剖するので、ぜひ参考にしてみてください。

 

当記事を読めば、男性なら誰もが憧れる、高嶺の花を落とす男の仲間入りできますよ。

 

高嶺の花を落とすアプローチ!デートから付き合うフェーズに押し上げる恋愛テクニックとは?

 

高嶺の花を落とすアプローチ方法として、デートから付き合うフェーズに押し上げるのに効果的な恋愛テクニックを3つお話ししていきます。

 

  • 格上言動に徹する
  • 安心させない(不安感情を高める)
  • 交際に能動化させる

高嶺の花を落とすアプローチ方法① 格上言動に徹する

高嶺の花を落とすアプローチ方法として、デートから付き合うフェーズに押し上げる1つ目の恋愛テクニックは、“格上”言動に徹するということ。

高嶺の花は、男性からすれば、格上女性(理想女性)です。

 

そうすると、大半の男性は、こうした魅力的な女性と対峙すると、その女性に媚びて、相手のペースに乗ってしまうんですよね。

特に、高嶺の花の女性に対して、多くの男性は躊躇や気後れを感じ、主導権を握れません。

 

こうした高嶺の花の女性に迎合する行為は、これは自分が格下だと、相手に無意識に感じさせてしまうことに。

恋愛に限らず、人間は、格下相手に対して魅力を感じにくい生き物です。

 

したがって、高嶺の花に格下男性だと判断されると、魅力がない男性だと思われてしまい、親密になることができず、アプローチが失敗してしまうんですね。

ですから、デート中の高嶺の花を落とすアプローチ方法として適切なのは、自身が格上男性がとる振る舞いや会話を行うこと。

 

こうした格上言動に徹することで、女性から魅力的な男性だと価値判断を行わせ、親密関係になりたいという欲求を起こすことが可能なのです。

格上言動をとる際のポイントは、「偉そうにしない」「下手にでて媚びない」「ワガママを聞かない」こと。

 

その上で、余裕と自信を持って、気後れなしのメンタルで高嶺の花にアプローチすることが、親密関係を勝ち取り、高嶺の花と付き合う秘訣です。

 

なお、「やばい…興奮する…」と女性の恋愛本能にダイレクトに訴える“最も簡単な方法”を知りたい方は↓↓

→【※究極のモテる秘訣】93%の女性を魅了する『フェロモン増幅法』はこちらをクリック!

高嶺の花を落とすアプローチ方法② 不安感情を高めて安心させない

 

高嶺の花を落とすアプローチ方法として、デートから付き合うフェーズに押し上げる2つ目の恋愛テクニックは、不安感情を高めて安心させないこと。

“恋愛欲を満足させない”ことが、高嶺の花を落とすアプローチの成功確率を格段に引き上げてくれます。

 

この理由は、人間の欲求は、その欲求が満たされてしまうと、欲求対象を追い求めなくなるから、なんですね。

恋愛欲に限らず、食欲、睡眠欲、性欲についても同じ原理がはたらきます。

 

逆に言えば、恋愛欲を不足させることで、その欲求を高ぶらせることができるということ。

これによって、デート中の高嶺の花との親密関係構築の減退を防ぎ、付き合う可能性を飛躍させることが可能です。

 

では、どうすれば、恋愛欲求を不満にさせることができるのか。

そのためには、「恋愛感情」と表裏一体にある「不安感情」を高めて安心させないことがセオリー。

 

この点ついては、「美人の落とし方!高嶺の花を落とす3ヶ条!諦める男は一生モテない!」で詳しくお話しをしているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

なお、「やばい…興奮する…」と女性の恋愛本能にダイレクトに訴える“最も簡単な方法”を知りたい方は↓↓

→【※究極のモテる秘訣】93%の女性を魅了する『フェロモン増幅法』はこちらをクリック!

高嶺の花を落とすアプローチ方法③ 交際に能動化させる

 

高嶺の花を落とすアプローチ方法として、デートから付き合うフェーズに押し上げる3つ目の恋愛テクニックは、交際に能動化させること。

ターゲットの女性を交際について能動的にすることが大事なのは、女性は基本的に恋愛や男性と親密関係になることに対して受け身であるためです。

 

高嶺の花であるほど、男性からアプローチを受ける機会も多いため、なおのこと受け身。

ですから、高嶺の花を自身に振り向かせるには、あなたとの交際に対して能動的にさせることが重要です。

 

そのために有効な手立てが、好意のサインを高嶺の花とのデート中の会話に散りばめるということ。

この好意のサインとして次の5つが基本です。

 

《好意のサインとなるキーワード》

  • タイプ、可愛い:「〇〇ちゃんは可愛いし、俺のタイプなんだよね」
  • 話が合う:「〇〇ちゃんとはかなり話が合うんだよな」
  • 楽しい:「〇〇ちゃんと一緒にいるとホント楽しい」
  • 元気になる:「〇〇ちゃんと一緒にいると元気になるな」
  • 癒される:「〇〇ちゃんと一緒にいると癒されるんだよね」

 

こうした好意のサインを感じた女性は、自身に好意があると感じ、「遊びではない」と判断して警戒心が除去されます。

これによって、交際化に受け身だった姿勢が、能動化されることで、狙った高嶺の花と付き合う可能性も高まります。

 

ただし、好意のサインを盛りこんでアプローチする前に、高嶺の花にとって自分が気になる男性であることが大前提です。

ですから、しっかりと興味づけしておくことが、デート中の高嶺の花を落とすために重要です。

 

Information

 

✔︎93%の女性を恋に落とす
“最強のモテる秘密兵器”はこれだ!

 

 

93%の女性が、出会ってわずか0.2秒で“本能的に”あなたを好きになるなら・・・

 

もっとも簡単で、効率的ですよね。

 

 

 

93%の女性を恋に落とす“最強のモテる秘密兵器”となるのが、ズバリ「オスフェロモン」なんですよね。

 

というのも、どんな女性も「オスフェロモン」の強い男=いい男と感じるように、DNAに刷り込まれているためです。

 

 

 

そしてそのオスフェロモンの正体というのがアンドロスタジエノン

 

アンドロスタジエノンとは、おもに男性の『汗』に含まれる匂いです。

 

 

 

ですから、アンドロスタジエノンは女性の恋愛本能を刺激する超強力な匂いとなるのです!

 

 

言ってみれば、女性のメス本能をむき出しにする禁断の匂いが「アンドロスタジエン」なんですね。

 

それでは、一体どうすればアンドロスタジエノンの匂いを女性に嗅がせられるのか・・・

 

 

・・・

 

・・・

 

・・・

 

 

それは『フェロモン香水』を使えばいいんです!

 

フェロモン香水を付けるだけで、女性はあなたに群がってくるかも。笑

 

 

 

そんな驚くべき“媚薬効果”のある匂いを放つのが、『男のブースター香水』です。

 

この香水は、性フェロモンについて20年間も研究した集大成と言えるもの。

 

 

 

『男のブースター香水』を使えば、あなたが発するアンドロスタジエノンの匂いを増幅する効果が期待できますよ。

 

そもそも“匂い”は、わずか0.2秒で脳波を直接刺激します。

 

 

実際に、女性が男に惹かれる超重要ポイントが“匂い”なんです↓

 

 

ですから、オスフェロモンの匂いを身にまとうだけで、女性は「もっとそばにいたい」と無意識にあなたの虜に。

 

この『男のブースター香水』は、93%の女性が魅力的な匂いだと回答しており、まさに男の色気を引き出すNo.1の香水なんですよね。

 

 

 

この『男のブースター香水』は、塗るタイプの練り香水でこんな感じのヤツ↓

 

 

ブースター香水は、女性が「男性に使ってほしい」という声が圧倒的に多く、ムスク系のほんのり香る匂いで女性ウケ抜群です。

 

 

なお、モテたい男性専用のブースター香水は、公式サイトで定期コースを選ばないと1600円も損してしまうので注意してください。

 

定期コースと言っても解約・休止はいつでも無料でOKなので、お試し感覚で『男のブースター香水1個コース』からサクッと始めてみてください。

 

 

なお、『男のブースター香水』はメディアへの露出が増えて人気急上昇中なので、公式サイト限定の1600円引きキャンペーンは明日にも終了してしまうかも。

 

ですから、狙った女性を高確率で落としたい男性は、今すぐ『男のブースター香水』をGETしてくださいね↓

 

→【※1600円引き】93%の女性を魅了する『男のブースター香水』の公式サイトはこちらをクリック!

 

まとめ

 

高嶺の花を落とすアプローチ方法として、デートから付き合うフェーズに押し上げる恋愛テクニックは、「格上言動に徹する」「不安感情を高めて安心させない」「交際に能動化させる」こと。

 

↓ 超強力なモテる秘密兵器は
こちらをクリック!

ページの先頭へ