モテるラインの返し方・メール術!男が女性を落とす上手い返し方は?

LINE モテる技術 女性の落とし方

 

モテるラインの返し方やメール術とは…?

女性を落とすための、LINEやメールの上手い返し方を知りたいという男性も多いはず。

 

実際、ラインやメールは、女性とのやりとりの大きなウエイトを占める要素であり、正しいポイントを押さえておかなければ、苦労して連絡先交換できた女性との関係性が崩れてしまう要因にもなりかねません。

では、モテる男の上手いラインの返し方やメール術とは、いかなるものなのでしょうか?

 

今回は、モテるラインの返し方・メール術について徹底解剖するので、ぜひ参考にして意中の女性に早速実践してみてください。

 

モテるラインの返し方・メール術!男が女性を落とす上手い返し方は?

 

モテるラインの上手い返し方・メール術で男が女性を落とすには、どうすればよいのでしょうか?

基本的には、モテる男は、ラインやメールはリアルの会話と全く同じだと考えます。

 

ですから、普通に会話をしているかのような話し言葉で、肩肘張らず、自然体でやりとりするように心がけましょう。

その上で、モテるラインの上手い返し方・メール術として、モテたい男性が押さえておくべきポイントは次の通りです。

 

  • ライン・メールの頻度は女性に合わせる
  • 既読したらその場で返す
  • 女性との共通話題で盛り上げる
  • 自分を売り込みすぎず、さりげなくアピールする
  • 盛り上がりのピーク時に、ストレートにデートに誘う

ライン・メールの頻度と文字数は女性に合わせる

モテるラインの上手い返し方・メール術で男が女性を落とすには、LINEやメールの頻度と文字数は女性に合わせるのが基本。

これは、「ミラーリング」と呼ばれる、自身を相手に似せることで好感を持たせる心理テクニックを活用しています。

 

ミラーリングは、人間が自分と似た人に対して好感を抱きやすい心理(類似性の法則)を用いたもの。

したがって、ラインやメールでも、女性と同じ頻度と文字数で返すことで、無意識のうちに女性にあなたが似ていると思い、好感が持たれやすくなる訳なんですね。

 

あなたも、同性・異性問わず、自分と頻度や文字数が全然違う相手とやりとりしていると、どうしても違和感を覚えてしまいますよね。

ですから、女性からモテるための、ラインの上手い返し方・メール術として、対象女性に頻度・文字数を合わせることを徹底してみてください。

 

  必読恋愛コラム↓  

 

女性の恋愛感情をグラッと揺さぶり、ココロもカラダも許させる不変の会話術とは?

 

ぶっとばす。

 

「好きな女性と何を話せばいいのかわからない」

 

「口下手だから女性を落とすなんて無理」

 

っていう、あなたの思い込みを。

 

 

狙った女性を落とすのに番効果的かつ、半永久的に使える本質的スキルこそ「会話」を極めること。

 

それも、『女性に好かれる』会話!!なんですよね。

 

「好かれる」といっても、媚を売るような安っぽくて陳腐な会話のことではないですよ。

 

 

ここでいう「女性に好かれる会話」とは、

 

好感度を正しく見抜いて、会話する

 

という本質的なアプローチのこと。

 

 

要は、女性の『好感度』『脈あり度合い』を見極めて会話すればいいんです。

 

 

世の中によくある「一撃で落とす魔法のフレーズ」のような恋愛ノウハウも

 

「試したけど効果があった!」

 

「試してみたけど効果がなかった・・・」

 

の真っ二つに分かれるのは、この『好感度』という概念と仕組みをどれだけ理解しているかにつきます。

 

 

そもそも、女性の『好感度』には

 

●段階1、嫌いな人

 

●段階2、知り合い

 

●段階3、友達

 

●段階4、彼氏候補

 

●段階5、彼氏

 

という5つの段階が存在するのは、わかりますよね。

 

 

たとえば

 

好感度が「3、友達」なのに、

 

好感度が「2、知り合い」の会話しかしてない。

 

そうなれば、女性の反応はガクッと下がりますね。

 

 

もしくは

 

好感度が「4、彼氏候補」なのに、

 

好感度が「3、友達」の会話しかしていない。

 

こちらも同様に好感度は下がりますよね。

 

あなたも心当たりはありませんか?

 

 

こうした「好感度に適した会話をしてない」と、女性に好かれるどころか、拒絶をくらう引き金になりかねません。

 

 

だから、『好感度』を正しく見抜いて会話することが、すごくすごく重要なんですね。

 

 

言い換えれば、

 

その女性がどんな答えを望んでいるかを見抜いて答える

 

コトこそが、女性の恋愛感情をグラッと揺さぶり、ココロもカラダを許させ、あなたの傍から離れられなくする会話術の極意なんですよね。

 

 

このことが分かっていれば、たとえば

 

“デートに誘う時は、男らしく「デート行こうぜ」と誘う”

 

といったノウハウは、『好感度』が友達以下の女性には当てはまらないことぐらい、直ぐに予想できるはず。

 

 

「女性に好かれる会話」を因数分解すると、たった2つだけ!ってことが見えてきます↓

 

●一、女性の好感度が見える「反応を引き出すワード」

 

●二、引き出した反応を見て「切り返すワード」

 

そして、これら2つのポイントを整理し、体系的なノウハウとして教えてくれるのが『テンプレ会話術』です。

 

 

私も『テンプレ会話術』を体に染み込ませる(ココ重要!)ことで、

 

一時いだいていた「結局、女性と何を話せばいいんだ…」というモヤモヤした悩みから、霧が晴れたように解放されましたね。

 

 

ちなみにこの会話教材、恋愛教材ランキングで堂々のNo.1なので、ぶっちぎりで信頼できますよ↓

 

 

『テンプレ会話術』では、会話の極意がテキスト(PDF511ページ分)のなかで体系立てて語られています。

 

しかも、3名の女性との実録音声が、とにかくすごい。

 

初対面の会話から、実際に落とすまで一連の流れが生々しいほどに暴かれていて、めちゃめちゃ勉強になりますよ。

 

 

著者いわく、何度も読み返し、何度も聞き直すことで、わずか30日間で理想の彼女をつくることも夢ではないとのこと。

 

 

ちなみに、オススメの勉強法は、通勤・通学時間を活用することですね。

 

この貴重なスキマ時間を自己投資に使いましょう。

 

 

そうして、モテる会話の本質的な考え方とテクニカルな要素を、1つ1つ暗記するまで、ガリガリ叩き込むんです。

 

→【※女性にココロもカラダを許させる会話術の超推奨教材】『テンプレ会話術~女性に好かれる会話のテンプレート~』を今すぐ確認する!

 

 

この会話教材の著者、上杉りゅう氏のセミナーにじつは私、足を運んだことがあります。

 

 

ぶっちゃけ、そこで見た上杉氏はイケメンどころかブサイク寄りでした。笑

 

それなのに、20代前後のピチピチの女の子から、キャバ嬢やモデル経験者などのハイレベル女性をことごとく落とす、まぎれもない恋愛のプロです。

 

 

上杉氏が恋愛のことを語り出すと、とにかく深いんですよ。

 

さらにいうと、東大生を育成する塾の講師を長年勤めていたようで、教えるのがめちゃくちゃ上手い。

 

そんな上杉氏が口を酸っぱくして言うのが、恋愛で結果出せてない人は自己流はぜーーんぶ捨てろ!ってコト。

 

 

とくに、ブサイク・デブ・ハゲ・低身長・童貞・口下手といったマイナス要素が強い男性は。

 

誤解をおそれずに言えば、もし自己流で恋愛が上手くいってるなら、そもそもこの記事にたどり着くこともないはずですし…。

 

 

女性っていう生き物は、他の男と比較してあなたはイケてるか?と、常に天秤にかけてきます。

 

そんな女性に、「あなたが他の男よりも魅力的だ」と思わせる一番の近道こそが、正しい『会話術』なんですよね。

 

 

ですから、あなたは一日も早く、信頼度No.1で本質をついた会話教材で、効率よく学ぶことをはじめてみてください。

 

 

気になる教材費は、下の公式サイトから購入すれば風俗1回分くらい。

 

ちとアソコはおあずけにして、、まじめに勉強してみませんか?

 

→【※女性にココロもカラダを許させる会話術の超推奨教材】『テンプレ会話術~女性に好かれる会話のテンプレート~』を今すぐ確認する!

既読したらその場で返す

モテるラインの上手い返し方・メール術で男が女性を落とすには、既読したらその場で返すようにしましょう。

「既読したらすぐに返さずに、女性を焦らせ!」など、色々な心理テクニックが言われているかもしれませんが、あまり難しく考えすぎず、ラインやメールを既読したらその場ですぐに返せばよいでしょう。

 

というのも、そういった小さなことをあれこれ考えるよりも、もっと大事なことに時間と労力を割いた方が、結果につながりやすいので。

また、四六時中ラインやメールのことを考えるのも苦痛になりますし、私の経験上、女性との関係性を深める上で、返信頻度をずらしたりして、女性と駆け引きしてもあまり効果がないことが分かりましたから。

 

ですから、手の空いたときにラインやメールを確認して、返せるときに返すスタンスで全く問題ありません。

また、ラインで既読だけして返せなかった時は、「ちょっと手が空いてなくて返せなくて!」と、一言添えておけば大丈夫。

 

こういった、ラインやメールの返信頻度、既読スルー・未読無視云々で文句を言ってくるような女性は、正直言って性格が良くない自分都合の女性が多いので、あまり相手にしない方がいいかもしれません…。

女性との共通話題で盛り上げる

 

モテるラインの上手い返し方・メール術で男が女性を落とすには、女性との共通話題で盛り上げるのが超重要です。

これは、その女性と次に繋げられるかを左右する、本当に重要なポイントなので、しっかり押さえておきましょう。

 

先ほどもお話をした通り、類似性の法則によって、人は自分と似た共通点が多いと、その人に対して好感や親近感を抱きます。

したがって、ラインやメールで共通話題を見つけることで、女性は、あなたを自分と似ている存在だと感じて、好感度が確実に上がるのです。

 

また、共通話題があることで、お互いが打ち解けて、女性の警戒心が解かれて自分を開示しやすくなることも、大きなメリット。

ですから、女性と連絡先交換する際には、その女性に関する事前情報を仕入れておくと、「あれ、〇〇ちゃんって、△△が好きって言ってたよね?俺も好きなんだ、それ!」のように、スムーズに共通話題を振ることができるでしょう。

 

LINEやメールで盛り上がりそうな共通話題として、次のようなものがあるので、ぜひ参考にしてみてください。

 

  • 趣味、食べ物、遊ぶ場所、休日の過ごし方、タイプ、交際経験、理想のデート、得意なこと、旅行、おすすめスポット、女性心理、男性心理、仕事、勉強、美味しかった料理、最近買ったもの、週末の予定、行きたい場所、行きたいお店、やりたいこと、天候、相手の予定、家族構成、ディズニー、映画など

売り込みすぎない範囲でさりげなく自己アピールする

モテるラインの上手い返し方・メール術で男が女性を落とすには、自分を売り込みすぎない範囲で、さりげなく自己アピールしておくとよいでしょう。

自分の魅力を相手に伝えておくことは、他の男性との違いを示し、女性にとって気になる存在に昇格するために必要事項。

 

自分をアピールする際には、下記の魅力要素を伝えると効果的です。

 

《女性に伝えるべき魅力要素》

  • 見た目に気を配っている:ファッションに詳しい、ジムに通っている、美容に興味がある
  • 楽しい・面白い:女性を笑顔を引き出すのが上手い
  • 誠実:浮気したことない、付き合うと交際が長い
  • 男らしい・頼り甲斐がある:口調が男らしい、動じない余裕や自信、約束を守る、過去にとらわれない
  • 経済力がある:車を持っている、マンションを買おうと思っている
  • 仕事ができる:仕事で昇進した、部下が何人もいる、仕事が楽しい
  • 社会的ステータスがある:上場企業に勤める、経営者・医師・弁護士である、家柄がいい

 

自分の魅力をアピールする場合、ありのままの自分を表現(自己開示)するのではなく、印象操作した情報を提示(自己提示)するようにしましょう。

また、“さりげなく”というのがポイントで、露骨にアピールすると、自慢話に聞こえてしまい、女性は引いてしまいますから注意してください。

盛り上がりのピーク時に、ストレートにデートに誘う

モテるラインの上手い返し方・メール術で男が女性を落とすには、盛り上がりのピーク時に、ストレートにデートに誘うことです。

LINEやメールで、だらだらといつまでもやりとりする男性もいますが、これは全くをもって無意味ですし、逆にデートに誘う機を逸してしまいます。

 

LINEやメールでどれだけ話そうとも、リアルでのやりとりが成功しなければ、絶対に女性と付き合えません。

ですから、ラインやメールでのやりとりは、あくまで次のデートに繋げるために行うもの。

 

究極的には、興味付けさえしっかりできていれば、ラインやメールで前置きになし「デートしよう」だけでデートできれば一番いいんですからね。

これを理解した上で、デートに誘うタイミングとしてベストなのは、ラインやメールでの盛り上がりのピーク時。

 

というのも、女性との関係性が最も温まったタイミングで誘うのが、誘い出しの成功率が最も高いから。

この際、当日のデートであなたと会うことの期待感をそそることができれば、しめたもの。

 

デートの時間や場所、当日何をするのかも、事前情報をもとに対象女性の好みに合わせてセッティングできると、誘い出しも成功しやすいですよ。

また、デートに誘うときは、「会いたい」ということをストレートに伝えましょう。

 

こうしたストレートな言葉の方が、女性も安心してデートに応じることできるので、おすすめです。

 

  最短最速でモテたい男に贈るコラム↓  

【まるで媚薬!?】出会って0.2秒で女性をドキドキさせる禁断の●●とは?

 

 

突然ですが、あなたは

 

女性は男性よりも【嗅覚】が43%も優れている

 

という事実をご存知ですか??

 

※ロバート・レント教授(リオデジャネイロ連邦大学生物医科学研究所)らの研究による。彼らの研究グループは、18名男女の死後の脳を解剖した結果、匂いの情報処理をになう脳の領域「嗅球」の細胞数は、女性の方が43%も多いことを明らかにした。

 

 

しかも女性というのは、男性の発する『匂い』を嗅ぐことで、生存能力に長けた強いオスを探す生き物。

 

要は、女性は嗅覚というレーダーで、強いオスの匂いを敏感にかぎ分けているワケ。

 

 

もう1つ、絶対に知っておかなればならない事実があります。

 

その事実とは、強いオスは、匂いシグナル『オスフェロモン』でメスを強力に惹きつけているということ。

 

 

そもそも、匂いというのは、わずか0.2秒で脳をダイレクトに刺激します。

 

 

そして実際に、女性が男に惹かれる超重要ポイントが『匂い』なんですよね↓

 

 

だから!

 

●ターゲットの女性に、あなたのオスフェロモンをクンクン嗅がせる

 

↓↓↓

 

●自然とあなたに惹かれて、恋愛感情に発展しやすくなる

 

という訳なんですね。

 

 

なので、出会ってすぐに女性の本能をグイッとわし掴みにするには、

 

【モテる男の匂い = いい匂い × オスフェロモン】

 

を身にまとうべき。

 

 

そう、狙った女性を出会った瞬間に『いい男♡』と感じさせるには、モテる男の匂いが鍵となるんです。

 

 

では一体どうすれば、モテる男の匂いを発せられるのか・・・?

 

じつは、93%の女性が「いい匂い!」と感動し、さらにはオスフェロモンまでガツンと増幅してくれる凄いアイテムがあるんですよね。

 

そのアイテムを使えば、初対面の女性に好印象を与えること間違いなし。

 

しかも自分の匂いに自信がつくと、堂々と女性にアプローチできる嬉しいメリットも付いてきます!

 

 

いうなれば、恋愛を加速(ブースト)するギアを、1段階も2段階も引き上げてくれるイメージ。

 

そしてその、モテる男の匂いを発する強力なアイテムというのが、『男のブースター香水』です↓

 

 

これは、いわゆる「フェロモン香水」のなかの1つ。

 

中でも『男のブースター香水』は、オスフェロモンについて20年間!も研究した集大成のもの。

 

しかも美容の専門家100名中、なんと93名もの女性がいい匂い!と回答した香りなんですよ。

 

じっさい嗅いでみると、ムスク系のほんのり香る感じでイイ!!

 

 

これに加え、オスフェロモンを増幅する画期的な効果が期待できるわけですから、モテたい男性にぴったりな香水な訳ですよ。(いい匂い × オスフェロモン=モテる男の匂い)

 

 

男のブースター香水』は塗るタイプの練り香水

 

使い方はいたって簡単で、フタを開けて、手首の内側→首筋→耳の後ろ側の順番にチョチョッと塗るだけ。

 

 

このフェロモン香水の匂いのおかげで、女性にパッと好印象をもたせられるし、自信のある行動までとれるので、使う価値は十分にあると思いませんか?

 

→【※女性をドキドキさせるフェロモン香水】93%の女性をいい匂い!と感動させた『男のブースター香水』を今すぐチェック

 

 

なお、この香水は公式サイトから定期購入しないと、最大10500円も損するので注意してください。

 

ただ、1個あたりの値段は、だいたい婚活パーティー1回分ほどと、安くはないですね。

 

 

とはいえ、コレ1個をカバンに常備して毎日こまめに使えば、いの不安は一切なくなります。

 

しかも、いい匂いで好印象を与えられれば、理想の彼女をGETするのに一役買ってくれるはず!

 

 

私も車に1個、カバンに1個、自宅に1個の合計3個常備して、女性とデートする会う前にチャチャッと塗って出陣してますよ。

 

 

↑パッケージは洒落てるし、かさばらなくてイイ!

 

 

『男のブースター香水』はしれっと使ってる男性も増えてるようなので、あなたも公式サイトから一度確認してみてくださいね。

 

→【※女性をドキドキさせるフェロモン香水】93%の女性をいい匂い!と感動させた『男のブースター香水』を今すぐチェック

まとめ

 

モテるラインの上手い返し方・メール術で、男が女性を落とすために押さえておくべきポイントは「ライン・メールの頻度は女性に合わせる」「既読したらその場で返す」「女性との共通話題で盛り上げる」「自分を売り込みすぎず、さりげなくアピールする」「盛り上がりのピーク時に、ストレートにデートに誘う」こと。

 

↓ モテる会話術の超推奨教材は
こちらをクリック!

ページの先頭へ