彼女できない運命?恋愛に縁がない男に贈る彼女の作り方2選

彼女できない悩み

 

彼女できない運命なのか…

彼女ができないため、恋愛に縁がないと思っている男性は、恋愛で上手くいかない理由を運命論で片付けがち。

 

恋愛の分野で、“運命の人”という言葉が流布するように、運命と結びつけて考える人は、女性だけでなく男性でも多いもの。

しかし、はっきり申しあげますが、恋愛で結果を出していくためには、運命論を語っても全く意味がありません。

 

確かに運命の人と結ばれることもあるかもしれませんが、それは運命に身を委ねたからではなく、それまでにふさわしい努力を続けてきた賜物だと考える方が健全です。

かくいう私も、モテない時期が長かったので、「彼女できない運命なのかもしれない…」と自分の実力がないことを他所に、思っていました。

 

しかし、モテるようになって思うことは、正しい努力さえすれば、自分が考えていた運命をガラと変えることができるということ。

「彼女ができないのは恋愛に縁がないから」だと考えている男性は、理想の女性を獲得するために必要な努力を積んでいるか、自身に問いかけてみてください。

 

答えがNoであるなら、今回ご紹介する彼女の作り方について学び、今後の恋愛活動に生かしていくとよいでしょう。

 

彼女できないのに運命は無関係!恋愛に縁がない男の彼女の作り方とは?

 

彼女できない運命を好転することは、自らの努力だけで十分可能です。

それは、私の経験から断言できます。

 

では、どういった努力をすればよいのか。

恋愛でモテるための努力をしている人は少ないため、今モテない男性であっても、努力を続ければ、他の男性との競争を勝ち抜き、魅力的な女性を彼女にできます。

 

そのためにも、恋愛で結果を出すためには、次の2点を押さえることが最重要。

 

《恋愛で結果を出す方法》

  • 恋愛についての正しい知識と考え方を体系的に学ぶ
  • 学んだ知識と考え方をアレンジし、自身の恋愛スタイルに昇華する

 

上記の2点について、具体的に見ていきましょう。

恋愛についての正しい知識と考え方を体系的に学ぶ

恋愛に縁がない男性が、彼女できない運命を好転するには、恋愛についての正しい知識と考え方を体系的に学ぶことが、何よりも重要。

他分野に目を向けてみると、勉強、受験、資格、就職、昇進、転職などで、求める結果を出すために、傾向と対策を講じない人はいませんよね。

 

しかし、恋愛については、普通に生きているだけでは、知識と考え方を体系立てて教わる機会はまずありませんから、傾向と対策を徹底している男性はほとんどいません。

恋愛には正解はありませんが、女性のタイプと状況に応じた最適なアプローチは存在します。

 

実際、モテる男性は、自らの知識と経験に基づいて、常に女性の動きや反応からその場その場で瞬時に考察し、最善手を打つことで、効率よくその女性を落とすことができます。

一方、断片的にしか恋愛の知識を持ち合わせていない男性は、行き当たりばったりのアプローチに終始しがちで、次に活かせる経験につなげにくいため、成長速度が遅くなりがち。

 

女性を狙って落とせる男性に成長するには、トライアンドエラーでがむしゃらに行動することも勿論大切ですが、体系だった知識と考え方をまずは学んでしまうほうが効率的。

知識と考え方のベースがあれば、女性と上手く関係構築できなかった時に軌道修正し、失敗を成長機会に置き換えることができます。

 

ですから、彼女ができない男性は、体系だった書籍、教材、スクールを学ぶことからはじめてみてください。

学んだ知識と考え方をアレンジし、自身の恋愛スタイルに昇華する

恋愛に縁がない男性が、彼女できない運命を好転するには、学んだ知識と考え方をアレンジし、自身の恋愛スタイルに昇華すべき。

繰り返しになりますが、恋愛には、たった1つの解が存在するわけでも、マニュアル通りに取り組んで上手くいくものではありません。

 

それもそのはず、ただの1人も同じ女性はいませんし、状況や関係性も刻一刻と変わるものだから。

ですから、恋愛について学んだ知識や考え方をそのまま当てはめても、上手くいきません。

 

実際、個々の男性ごとに、性格、特徴、魅力のポイント等は異なるため、自身に合わせて知識や考え方をアレンジしないと、安定して異性と関係構築できるようになりません。

このように、恋愛では、適切な知識を学びアレンジすることで、自分に最適なスタイルを確立していくことが必要なのです。

 

  最短最速でモテたい男に贈るコラム↓  

【まるで媚薬!?】出会って0.2秒で女性をドキドキさせる禁断の●●とは?

 

 

突然ですが、あなたは

 

女性は男性よりも【嗅覚】が43%も優れている

 

という事実をご存知ですか??

 

※ロバート・レント教授(リオデジャネイロ連邦大学生物医科学研究所)らの研究による。彼らの研究グループは、18名男女の死後の脳を解剖した結果、匂いの情報処理をになう脳の領域「嗅球」の細胞数は、女性の方が43%も多いことを明らかにした。

 

 

しかも女性というのは、男性の発する『匂い』を嗅ぐことで、生存能力に長けた強いオスを探す生き物。

 

要は、女性は嗅覚というレーダーで、強いオスの匂いを敏感にかぎ分けているワケ。

 

 

もう1つ、絶対に知っておかなればならない事実があります。

 

その事実とは、強いオスは、匂いシグナル『オスフェロモン』でメスを強力に惹きつけているということ。

 

 

そもそも、匂いというのは、わずか0.2秒で脳をダイレクトに刺激します。

 

 

そして実際に、女性が男に惹かれる超重要ポイントが『匂い』なんですよね↓

 

 

だから!

 

●ターゲットの女性に、あなたのオスフェロモンをクンクン嗅がせる

 

↓↓↓

 

●自然とあなたに惹かれて、恋愛感情に発展しやすくなる

 

という訳なんですね。

 

 

なので、出会ってすぐに女性の本能をグイッとわし掴みにするには、

 

【モテる男の匂い = いい匂い × オスフェロモン】

 

を身にまとうべき。

 

 

そう、狙った女性を出会った瞬間に『いい男♡』と感じさせるには、モテる男の匂いが鍵となるんです。

 

 

では一体どうすれば、モテる男の匂いを発せられるのか・・・?

 

じつは、93%の女性が「いい匂い!」と感動し、さらにはオスフェロモンまでガツンと増幅してくれる凄いアイテムがあるんですよね。

 

そのアイテムを使えば、初対面の女性に好印象を与えること間違いなし。

 

しかも自分の匂いに自信がつくと、堂々と女性にアプローチできる嬉しいメリットも付いてきます!

 

 

いうなれば、恋愛を加速(ブースト)するギアを、1段階も2段階も引き上げてくれるイメージ。

 

そしてその、モテる男の匂いを発する強力なアイテムというのが、『男のブースター香水』です↓

 

 

これは、いわゆる「フェロモン香水」のなかの1つ。

 

中でも『男のブースター香水』は、オスフェロモンについて20年間!も研究した集大成のもの。

 

しかも美容の専門家100名中、なんと93名もの女性がいい匂い!と回答した香りなんですよ。

 

じっさい嗅いでみると、ムスク系のほんのり香る感じでイイ!!

 

 

これに加え、オスフェロモンを増幅する画期的な効果が期待できるわけですから、モテたい男性にぴったりな香水な訳ですよ。(いい匂い × オスフェロモン=モテる男の匂い)

 

 

男のブースター香水』は塗るタイプの練り香水

 

使い方はいたって簡単で、フタを開けて、手首の内側→首筋→耳の後ろ側の順番にチョチョッと塗るだけ。

 

 

このフェロモン香水の匂いのおかげで、女性にパッと好印象をもたせられるし、自信のある行動までとれるので、使う価値は十分にあると思いませんか?

 

→【※女性をドキドキさせるフェロモン香水】93%の女性をいい匂い!と感動させた『男のブースター香水』を今すぐチェック

 

 

なお、この香水は公式サイトから定期購入しないと、最大10500円も損するので注意してください。

 

ただ、1個あたりの値段は、だいたい婚活パーティー1回分ほどと、安くはないですね。

 

 

とはいえ、コレ1個をカバンに常備して毎日こまめに使えば、いの不安は一切なくなります。

 

しかも、いい匂いで好印象を与えられれば、理想の彼女をGETするのに一役買ってくれるはず!

 

 

私も車に1個、カバンに1個、自宅に1個の合計3個常備して、女性とデートする会う前にチャチャッと塗って出陣してますよ。

 

 

↑パッケージは洒落てるし、かさばらなくてイイ!

 

 

『男のブースター香水』はしれっと使ってる男性も増えてるようなので、あなたも公式サイトから一度確認してみてくださいね。

 

→【※女性をドキドキさせるフェロモン香水】93%の女性をいい匂い!と感動させた『男のブースター香水』を今すぐチェック

まとめ

 

彼女できないことを運命論に委ねず、自らの努力で克服すべき。

恋愛に縁がない男性が、女性を落とせる男性になるには、恋愛について体系だった知識と考え方を学ぶのが効率的。

 

自身のスタイルに合わせて、身につけた知識や考え方をアレンジすることで、安定して異性と関係構築できるようになる。

 

↓ モテる会話術の超推奨教材は
こちらをクリック!

ページの先頭へ