どうしても彼女できない…

本気で彼女が欲しいという男性は、どうすれば彼女を作ることができるのでしょうか?

 

今回は、どうしても彼女欲しい男性に向けて、彼女の作り方を厳選してお話をするので、ぜひ参考にしてみてください。

 

【どうしても彼女できない】本気で彼女が欲しい男性の彼女の作り方とは?

 

どうしても彼女できない、本気で彼女が欲しい男性が彼女を作るには、次の3点が効果的。

 

  • ギャップ効果を狙った自己ブランディングを活用する
  • ビジュアルを強化する
  • 女性の恋愛感情を刺激する

ギャップ効果を狙った自己ブランディングの活用する

どうしても彼女できない、本気で彼女が欲しいという男性の彼女の作り方の1つ目は、ギャップ効果を狙った自己ブランディングを活用すること。

ここで言う“ギャップ効果”とは、初期段階での好意度がマイナスであるほど、その次の段階での好意度がプラスになると、気持ちの振幅が大きく振れるため、大幅な好感度アップにつながること。

 

恋愛で有効なギャップ効果として、「見た目の印象は悪い(嫌悪)→→→ 会ってみたら、とても印象が良かった(大好意)」が挙げられます。

「第一印象で、ノリのいい口調や見た目の印象で“軽い人”だと思って会ってみたら、案外“誠実な人”であった」というギャップは、結果的に女性から大好意を獲得することができるのです。

 

ですから、どうしても彼女できない、本気で彼女が欲しいという男性におすすめの自己ブランディングが、『軽そうだけど、実は誠実な男性だった』というもの。

このブランディングを活用すると、早い段階で女性のあなたに対する好意に火をつけることができるため、その女性が他の男性に好意が移ることを防ぎ、交際に発展しやすくなるでしょう。

ビジュアルを強化する

 

どうしても彼女できない、本気で彼女が欲しいという男性の彼女の作り方の2つ目は、ビジュアルを強化すること。

ビジュアルは、特にファーストコンタクトで、女性にとって気になる存在の1人になるために重要な要素です。

 

男性は、女性のビジュアルを非常に重視しますが、女性も少なからずビジュアルで男性を恋愛対象となるかどうかを判断しています。

女性は、ビジュアルレベルが高い男性を目にすると、自然と「話したい」「友達になりたい」「また会いたい」という気持ちに。

 

そうすると、ファーストコンタクトや会話時に、女性との距離を縮めて、自身の魅力が伝えることが容易になります。

一方、ビジュアルレベルが低いと、女性に興味を持たせられない、距離を置かれる、相手にしてもらえないため、次に会うチャンスが無くなりかねません。

 

したがって、どうしても彼女できない、本気で彼女が欲しいという男性は、ビジュアルを徹底的に強化し、初期段階での女性からの食いつきを良くすべき。

ビジュアルを強化する方法について、詳しくは「モテたい男はイメチェンすべし!モテない男を激変させる3ステップ」で取り上げているので、ぜひ参考にしてみてください。

女性の恋愛感情を刺激する

どうしても彼女できない、本気で彼女が欲しいという男性の彼女の作り方の3つ目は、女性の恋愛感情を刺激すること。

女性の“恋愛感情を刺激する”とは、一体どういうことなのでしょうか?

 

これは至ってシンプルで、女性にドキドキやトキメキを与えること。

そう、女性は、男性と接触した時に湧き上がる高揚感や期待感こそが、女性の恋愛感情そのものなんですね。

 

女性が素敵な男性に出会ったと感じると、「ビビっときちゃった!」という発言をすることがあります。

これこそまさに、恋愛感情の発露なんですよ。

 

モテる男とモテない男を分けるのは、こうした女性の恋愛感情を、どれだけ高ぶらせられるかどうか。

どうしても彼女できない、本気で彼女が欲しいという男性が、女性の恋愛感情を刺激するために効果的なのが、ずばり異性を満足させないということ。

 

人間の欲求は、満たされてしまうとそれを追い求めなくなります。

この点は、食欲、睡眠欲、性欲を考えれば明らかでしょう。

 

女性の恋愛欲も全く同じ。

恋愛したい欲求が満たされてしまうと、欲求解消後に、恋愛対象であった男性を追い求めなくなってしまうのです。

 

つまり、恋愛欲が満たされて、その男性との“恋に冷めてしまう”ということ。

どうしても彼女欲しい男性は、こうした恋愛関係構築の減退を防ぐには、女性の恋愛欲を満足させないことが何よりも重要なんですね。

 

なお、女性の恋愛欲を満足させない方法については、「美人の落とし方!高嶺の花を落とす3ヶ条!諦める男は一生モテない!」で詳しくお話をしているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

  最短最速でモテたい男に贈るコラム↓  

【まるで媚薬!?】出会って0.2秒で女性をドキドキさせる禁断の●●とは?

 

 

突然ですが、あなたは

 

女性は男性よりも【嗅覚】が43%も優れている

 

という事実をご存知ですか??

 

※ロバート・レント教授(リオデジャネイロ連邦大学生物医科学研究所)らの研究による。彼らの研究グループは、18名男女の死後の脳を解剖した結果、匂いの情報処理をになう脳の領域「嗅球」の細胞数は、女性の方が43%も多いことを明らかにした。

 

 

しかも女性というのは、男性の発する『匂い』を嗅ぐことで、生存能力に長けた強いオスを探す生き物。

 

要は、女性は嗅覚というレーダーで、強いオスの匂いを敏感にかぎ分けているワケ。

 

 

もう1つ、絶対に知っておかなればならない事実があります。

 

その事実とは、強いオスは、匂いシグナル『オスフェロモン』でメスを強力に惹きつけているということ。

 

 

そもそも、匂いというのは、わずか0.2秒で脳をダイレクトに刺激します。

 

 

そして実際に、女性が男に惹かれる超重要ポイントが『匂い』なんですよね↓

 

 

だから!

 

●ターゲットの女性に、あなたのオスフェロモンをクンクン嗅がせる

 

↓↓↓

 

●自然とあなたに惹かれて、恋愛感情に発展しやすくなる

 

という訳なんですね。

 

 

なので、出会ってすぐに女性の本能をグイッとわし掴みにするには、

 

【モテる男の匂い = いい匂い × オスフェロモン】

 

を身にまとうべき。

 

 

そう、狙った女性を出会った瞬間に『いい男♡』と感じさせるには、モテる男の匂いが鍵となるんです。

 

 

では一体どうすれば、モテる男の匂いを発せられるのか・・・?

 

じつは、93%の女性が「いい匂い!」と感動し、さらにはオスフェロモンまでガツンと増幅してくれる凄いアイテムがあるんですよね。

 

そのアイテムを使えば、初対面の女性に好印象を与えること間違いなし。

 

しかも自分の匂いに自信がつくと、堂々と女性にアプローチできる嬉しいメリットも付いてきます!

 

 

いうなれば、恋愛を加速(ブースト)するギアを、1段階も2段階も引き上げてくれるイメージ。

 

そしてその、モテる男の匂いを発する強力なアイテムというのが、『男のブースター香水』です↓

 

 

これは、いわゆる「フェロモン香水」のなかの1つ。

 

中でも『男のブースター香水』は、オスフェロモンについて20年間!も研究した集大成のもの。

 

しかも美容の専門家100名中、なんと93名もの女性がいい匂い!と回答した香りなんですよ。

 

じっさい嗅いでみると、ムスク系のほんのり香る感じでイイ!!

 

 

これに加え、オスフェロモンを増幅する画期的な効果が期待できるわけですから、モテたい男性にぴったりな香水な訳ですよ。(いい匂い × オスフェロモン=モテる男の匂い)

 

 

男のブースター香水』は塗るタイプの練り香水

 

使い方はいたって簡単で、フタを開けて、手首の内側→首筋→耳の後ろ側の順番にチョチョッと塗るだけ。

 

 

このフェロモン香水の匂いのおかげで、女性にパッと好印象をもたせられるし、自信のある行動までとれるので、使う価値は十分にあると思いませんか?

 

→【※女性をドキドキさせるフェロモン香水】93%の女性をいい匂い!と感動させた『男のブースター香水』を今すぐチェック

 

 

なお、この香水は公式サイトから定期購入しないと、最大10500円も損するので注意してください。

 

ただ、1個あたりの値段は、だいたい婚活パーティー1回分ほどと、安くはないですね。

 

 

とはいえ、コレ1個をカバンに常備して毎日こまめに使えば、いの不安は一切なくなります。

 

しかも、いい匂いで好印象を与えられれば、理想の彼女をGETするのに一役買ってくれるはず!

 

 

私も車に1個、カバンに1個、自宅に1個の合計3個常備して、女性とデートする会う前にチャチャッと塗って出陣してますよ。

 

 

↑パッケージは洒落てるし、かさばらなくてイイ!

 

 

『男のブースター香水』はしれっと使ってる男性も増えてるようなので、あなたも公式サイトから一度確認してみてくださいね。

 

→【※女性をドキドキさせるフェロモン香水】93%の女性をいい匂い!と感動させた『男のブースター香水』を今すぐチェック

まとめ

 

どうしても彼女できない、本気で彼女が欲しいという男性が彼女を作るには、「ギャップ効果を狙った自己ブランディングを活用する」「ビジュアルを強化する」「女性の恋愛感情を刺激する」と効果大。

 

↓ モテる会話術の超推奨教材は
こちらをクリック!